So-net無料ブログ作成
検索選択

Android Market に開発者登録してみた [日記]

Android用アプリを配布するには、専用のサイト(アプリマーケット)経由でないといけないらしい。

そこで、一番無難な Android Market に登録することにしました。
Android Market でアプリを配布するには、事前に開発者登録をする必要があります。

調べてみたら、登録には $25 必要とのこと。

公開すべきAndroid用アプリは、現在鋭意製作中 …… というか、いまだ勉強中なわけですが、登録料がドル($)での支払いとなれば、円高の今 登録するのがお得と言うものです。
先週、この事に気付いていれば、1ドル80円台の底値(?)で登録できたのに(今は82円台まで回復)……と悔やまれます。
この先、さらに円高が進むかも知れませんが。


早速登録します。

http://market.android.com/publish/signup へアクセスします。

ログイン画面が表示されます。

Google アカウントを持っているのなら、それを使ってログインします。
Gmailのアカウントでもログインできますが、その場合、ちゃんと@以降も入力します(入力欄は「ユーザ名」じゃなくて「メールアドレス」となってますから)
どちらも無ければ、「アカウントを作成」をクリックして、アカウントを作成してからログインします。

次に、掲載情報 の入力画面が出るので、必要な情報を入力します。

注意するのは「電話番号」で、ココで入力するのは、「国際電話でかける時の電話番号」です。

日本の場合、先頭に「81」をつけ、市外局番の先頭の0を取り除いた番号になります。
良く分からなければ、「日本への国際電話のかけ方」でググったら良いです。

+81-xxx-xxxx-xxxx という形式で入力します。

画面には「掲載情報」とあるけど、電話番号だけは非公開です。
何かトラブルとかがあった場合に Google から連絡をするためのものと説明されていますが、アメリカのGoogle本社から国際電話でかかってきて英語で話されても、当方としてはどうにも出来ませんよ。きっといたずら電話だと思って直ぐに切ります。

必要な情報を入力したら「次へ」をクリック

登録料が表示されます。2010/11/13 の時点では $25。

念のため「Android マーケット デベロッパー販売/配布契約」を確認します。
全部英語で書いてあるので、早速断念。
何かヤバイことが書いてあれば、とっくにどこかで問題になっているだろうから軽くスルー。一応保存だけはしておいた。

ここでは他にすることが無いので「次へ」をクリック

ここで、GoogleCheckout の登録をしていないと、クレジットカード情報の入力画面になります。
登録料の支払いはクレジットカードのみです。
意外と対応しているカード会社は少な目。国内向けのクレジットカードだと使えなかったりするかも。

必要な情報を入力したら、処理を続行。

再度パスワードを入力を要求されて、最終確認の画面が表示されます。
特に問題は無いので「今すぐ注文する」ボタンをクリックして完了。

一応料金が日本円で表示されていました。
(約 ¥ 2,061)
今のレートは、1ドル82.44円かぁ。


タグ:Android
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0