So-net無料ブログ作成

ウメ尽くし [作ってみた]

梅が結構取れたので色々と作ってみました。


梅シロップ

青梅、約1.3Kg。

いつもは完熟梅を使う(というより完熟になってしまう)のですが、今年は早めに収穫してみました。

良く洗って、1つずつ布巾で拭いて水気を取ります。しっかり拭かないと後で傷みます。

氷砂糖 1Kg と一緒に入れ物に入れます。

そして、最後はコレ

呼び水的効果と、エキスが出てくるまでの腐敗防止に100cc~200cc位投入します。
酢の味は、ほとんどしないので、酢が苦手な人でも安心です。

ある程度水分が出てくるまでは、小まめにかき混ぜます。
(梅の量に比べて酢が少ないので、浸っていない部分が傷みやすい?)

1週間くらいで、梅がしわしわのカリカリになるので完成です。
いつも(完熟梅の場合)は、3週間くらいかかるのですが、青梅だと出来上がりが早いのだろうか…

梅酒の梅と違って、この梅は食べても美味しくありません。
というか、食べるところはありません。

日持ちはしないので、シロップだけを別の容器に移し替え、冷蔵庫で保存。
なるべく早く使いましょう。
水で薄めて飲んだり、牛乳で割ってヨーグルトドリンク風にしてみたり、カキ氷にかけてもいいかも。

ちなみに、梅を凍らせると酢は必要ないらしいです。が、ウチの冷凍庫には梅を1Kgも入れるスペースはありません。


梅サワー

梅シロップは長期保存ができないのに、梅はまだまだ沢山ある。

酢の量を増やして梅サワーにすると「常温で1年持つ」そうなので、やってみました。

梅、1.4Kg。
これに氷砂糖 1Kg に酢 800cc くらい。

梅がしわしわのカリカリになるまで放置したら完成です。
さすがに、これだけ酢を入れると、かなり酸っぱくなります。


実は、梅は、まだまだ 4Kg 程残っていたので、これも全部梅サワーにしてしまいました。

ところが、氷砂糖が無い。

ところで、氷砂糖の原料はグラニュー糖 100% なのですが、(氷砂糖の)販売価格はグラニュー糖の倍以上します。

少しでも経費節減のためグラニュー糖を使えないのか検討します。
そもそも、なぜ氷砂糖を使うのか、ちょっと調べてみました。

  1. グラニュー糖は直ぐに解ける。
  2. 周りの水分の糖分濃度が上がる。
  3. 浸透圧も上がる。
  4. 梅(などの果実)内部の水分が一気に抜ける。
  5. 諸々のエキスが出てこない。
  6. (;゚д゚)マズー

とのことです。
氷砂糖を使うのは、ゆっくり解けるようにするためだそうです。

ならば、少しずつグラニュー糖を投入したら、結果は同じじゃないかな?

早速やってみました。結果は、多分大丈夫。


梅ジャム

そして、いつもどおりのジャム作り。

完熟梅(完熟になってしまった梅)、約2Kg。

梅ジャムは、「材料を砂糖と一緒に煮込めば完成」というわけには行きません。
アク抜きが必要です。

鍋に水と一緒に入れ、火にかけます。
そして沸騰する前に火を止め、水を捨てます。(専門用語で「茹でこぼし」と言うらしい)
この作業を1~2回ほど行います。

すると、梅がプニプニになります。

ここで、種を取りますが、実が熱いので注意しましょう。
皮は、みじん切りします。

匂いが凄くフルーティーで美味しそうなのですが、凄く苦いです。

後は、いつもどおり、砂糖(グラニュー糖)を適当に入れて煮込めば完成です。

[新幹線] 今日の二冊
血の伯爵夫人 (1) (文学の冒険シリーズ)

血の伯爵夫人

  • 作者: アンドレイ・コドレスク
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 1998/09
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0